痛風とは?発症の原因と対策法

痛風とは?発症の原因と対策法

痛風 イラスト

かつては痛風というのは、贅沢病といわれており、ぜいたくな暮らしをしている人が発症する病気だと考えれていました。

 

この通風を発症すると、下半身の関節部分に炎症が起きたり、晴れてしまったりするといった症状が現れます。少し風に当たるだけでも痛みを感じることから、痛風と呼ばれるようになりました。

 

原因は?

 

痛風は、食べ物や飲み物に含まれているプリン体によって、体の中に尿酸が増えてしまうことが原因となっています。以前は、痛風を発症する人は、中高年に多かったのですが、最近は若い人で通風になってしまう人も増えてきています。

 

痛風というのは、一回でも発症してしまうと、薬剤で治療したとしても再発する可能性が高く一定以上の食べ物や飲み物を口にしてしまうと、痛風の症状が現れてしまいます。ですから、痛風にならないように普段から対策をしておくべきなのです。痛風にクエン酸がおすすめです(参考:痛風を緩和するクエン酸)。

 

尿酸値に注意

 

尿酸値が高くなってしまうことで、痛風になってしまうことが多いのですが、どのタイミングで通風を発症するかというのは個人差があります。尿酸値が基準よりもかなり高くなってしまっているのに、痛風にならない人もいますし、基準値より少し高いだけで発症してしまう人もいます。

 

痛風も、激痛を感じてしまいますから、単体でもかなり辛いのですが、痛風から合併症が起きてしまうと、さらに体を害することになります。